与信管理体制評価型取引信用保険「与信のミカタ」

  1. TOP
  2. サービス紹介
  3. 債権保証サービス
  4. 与信管理体制評価型取引信用保険「与信のミカタ」

取引先のポートフォリオ状況(格付分布)や与信管理体制の構築・運用状況、過去の貸倒実績などを評価し、その評価に合わせて保険料率が適用される新しいタイプの取引信用保険です。

サービスの特徴

当社のコンサルティング提案に沿って与信管理体制を実施・改善することで、本サービスの保険料負担を軽減することが期待できます。また、本サービスを利用することにより突発的な貸倒・焦付きによる損失を回避することができます。

当社が推奨する与信の「見方」を実践することでリスクとコストの軽減につながるという、経営者様や与信管理担当者様にとって与信の力強い「味方」となる保険です。

取引信用保険とその課題とは?

取引信用保険とは、取引先の倒産などによって販売代金を回収できなくなった場合に、その損害の一定部分について保険会社が保険金を支払うことで補償するものです。

しかし、一般的な取引信用保険では以下のような課題があります。

  • 信用力の低い取引先は保険対象とならない
  • 保険期間中に取引先の信用力に著しい変化があると対象から外れることがある
  • 保険に頼ることで自社の与信管理ノウハウが蓄積されない

与信管理体制評価型取引信用保険「与信のミカタ」で課題を解決。

高度な与信管理体制を構築・運用している企業であれば、その体制や過去の貸倒実績などを考慮した保険料率が適用される新しいタイプの取引信用保険です。
上記の課題に対応し、信用力の低い先を加えた取引先全体に保証枠を設定することが可能となる、保険期間中の保証枠の見直しを原則行わないなどの特長があります。

特長

※保険契約の引受けは日立キャピタル損害保険株式会社(HCI社)となります。

  • 与信管理体制、過去の貸倒実績を評価し、保険料率が決定されます。
    与信管理ルールの整備・運用状況が優良であれば、保険料率が安くなります。
  • 取引先の「RM格付」に基づいて保険料率が算出されます。
    RM格付で運用していれば算出が迅速です。高格付先が多い場合は保険料率が低下します。
  • RM格付ごとの「RM推奨限度額」の上限の2倍まで保証枠を設定することができます。
    低格付先も十分な保証枠を確保します。特定先に特別枠を設定することも可能です。
  • 特別枠を設けた先を除き、保険期間中の保証枠の削減・撤廃は行いません。
    保険期間中は安心して取引ができ、余計な事務負担が発生しません。
  • 保険期間が開始した後に発生した取引先についても補償いたします。
    すべての取引先に適用されますので、新規開拓する営業活動を阻害しません。
  • 毎月通知された債権残高に保険料率を掛けることで保険料が確定します。
    取引額が少なくなった場合でも保険料の支払いに無駄が生じません。
  • 1年の保険期間で貸倒実績が少なかった場合、保険料の優良戻しが行われます。
    与信管理への努力の結果により実質的な保険料負担を引き下げることが期待できます。

コスト削減イメージ

業種:建材卸売業、年商:200億円、売掛債権額50億円、全取引先500社

コスト削減例

サービスの流れ

図式:サービスの流れ

※このページは与信管理体制評価型取引信用保険「与信のミカタ」の概要についてご紹介したもので す。
詳細については取引信用保険普通保険約款、取引信用保険包括契約書、その他この保険に適用される約款をご参照ください。
また、ご不明な点については、取扱代理店または日立キャピタル損害保険までお問い合わせください。

※『与信管理体制評価型取引信用保険「与信のミカタ」』は取引信用保険の愛称です。
承認番号Hb 285-17-0065 (作成)2018.2.5

金融商品勧誘方針はこちら

資料請求・お問い合わせはこちら

おすすめサービス・コンテンツ

page top